トップページ > 病院長挨拶
 
 

↑このページのトップへ
 病院長あいさつ
病院長あいさつ
大重 和典

  
   平成28年10月1日より指宿浩然会病院院長に就任しました。
指宿浩然会病院は「浩然の精神」の下、「心あたたまる医療」を理念として地域医療、特に高齢者医療に取り組んでおります。平成26年5月に創立50周年を迎えることが出来ました。これもひとえに地域の皆様のおかげ、と感謝致しております。さらなる50年へ向け職員一丸となって努力しております。 
   
 当院は、24時間365日在宅医療を支える体制を整え、平成26年7月より在宅療養支援病院を取得しました。かかりつけ医として今まで以上に地域の方々が安心して在宅で医療を受けられるように医療・看護・介護・リハビリを提供してまいります。

また、健康診断にも力を入れております。今後の超高齢社会に向けて、地域の方々を健康診断によって平均寿命を延ばすこと、さらに健康寿命を延ばす努力を行っています。

当院の関連施設として介護老人保健施設の「ヴァンベールみどりの風」と「指宿訪問看護ステーション」、小規模多機能型居宅介護「ケアホーム合歓の木」があります。
これらの施設と連携を密にして、今まで以上に地域の方々を支えていきたいと思っています。
これからも指宿浩然会病院並びにこれらの関連施設をよろしくお願い申し上げます。