トップページ > 施設の概要・沿革
 
 
↑このページのトップへ















































































 施設の概要・沿革

ご 紹 介
 鹿児島県薩摩半島南端、指宿市に位置する病院(内科・循環器内科・神経内科・消化器内科・呼吸器内科・漢方内科・リハビリテーション科)で、一般病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟、居宅介護支援事業所、通所リハビリテーション、健康管理センター(人間ドック)を有し、地域医療の中心的役割を担うべく日々活動中です。
 患者様のQOLを最大限に生かせるよう、治療をはじめ、リハビリテーションにも力を入れ、また、訪問診療、訪問リハビリテーションなど在宅支援にも積極的に注力し、ご自宅での療養生活がご家族、利用者様にとって安心できる心あたたまる医療・看護・介護を提供できるように努力しております。
 季節にあわせ病棟、通所リハビリテーションでは敬老会、誕生会、クリスマス会など、活気あふれる病院作りをおこなっています。
 

施設の概要
名  称 医療法人浩然会 指宿浩然会病院
開 設 日 昭和42年10月1日
住  所 〒891-0402鹿児島県指宿市十町1145番地
施  設 敷地面積 10649.25㎡  延床面積 8359.27 ㎡
鉄筋コンクリート造 3階建
理 事 長 大重太真男 
病 院 長 大重和典 
副 院 長 吉永峯文 
病 床 数 一般病床(27床)
地域包括ケア病床(26床)
回復期リハビリテ-ション病床(32床)
医療療養病床(53床)
診療科目 内科・循環器内科・神経内科・消化器内科・呼吸器内科・漢方内科・リハビリテーション科
主設備機器 全身用X線CT装置・心臓カテーテル撮影装置・X線骨密度撮影装置
デジタルサブトラクションアンギオグラフティー装置
デジタルフルオロアンギオグラフティー装置
上部消化管ファイバースコープ・大腸ファイバースコープなど
職員職種
医師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 
診療放射線技師・臨床検査技師・管理栄養士・臨床工学技士
社会福祉士・精神保健福祉士・診療情報管理士・保健師
看護師・准看護師
介護福祉士・病棟介護職員
介護支援専門員
事務職員・その他職員
主な委員会 ・医療安全対策委員会・院内感染防止対策委員会・倫理委員会
・緩和ケア委員会・褥瘡委員会・栄養管理委員会・など
T E L (0993)22-3295
F A X (0993)23-4093
Eメール ibusuki@kouzenkai-hp.or.jp
ホームページ http://www.kouzenkai-hp.or.jp
院内託児所 たんぽぽ

病院の沿革
昭和42年10月 1日 指宿浩然会病院開院(84床)
    12月25日 138床に増床
昭和60年9月 7日 特例許可老人病棟119床   一般病棟 19 床
昭和61年6月10日

昭和62年 2月 7日
(第1期増改築工事)
   外来・診察室・一般病棟
   機能訓練室・ハーバードなど
平成 2年12月 1日 特例許可老人病院入院医療管理(Ⅰ)
平成 4年 2月26日

平成 4年 8月20日
(第2期増築工事)
   一般病棟3階部分増築
   成人病健診センター新築完成
平成 8年 5月 1日 老人デイケア開始
平成11年 4月15日

平成12年 1月19日
(第3期増改築工事)
   完全型療養病棟新築完成
   理学療法室・作業療法室・通所リハビリテーション
   浩然記念ホール「舟汀」完成
平成12年 2月 1日 (病床変更)
   一般病棟27床
   療養型病床群111床
平成12年 4月 1日 介護保険スタート
   ①療養型病床群111床(内、介護保険適応59床)
   ②通所リハビリテーション(定員20名)
   ③訪問看護
   ④居宅介護支援事業所
平成12年 6月 1日 通所リハビリテーション定員40名に増員
平成13年 4月 1日 通所リハビリテーション定員60名に増員
平成13年 7月 1日 病床種別の届出
   一般病床 27床
   療養病床 111床
平成15年 6月 1日 総合リハビリテーションA施設取得
平成17年 1月24日 病院機能評価 認定取得 Ver 4.0(発行日)
平成20年 4月 1日 回復期リハビリテーション病棟開設(29床)
平成21年 6月 1日 (病床変更)
   医療療養病棟→2階医療療養病棟(54床)
   介護療養病棟→3階医療療養病棟(28床)
平成22年 4月20日 病院機能評価 認定取得 Ver 6.0(発行日)
平成24年 5月 1日 (診療科目の追加)
    神経内科・呼吸器内科・血液内科・漢方内科の4診療科目を追加する
    ・内科・循環器内科・神経内科・消化器内科・呼吸器内科・漢方内科
    ・血液内科・リハビリテーション科
平成24年 7月 1日 (病床変更)
   2階医療療養病棟(54床)
   3階医療療養病棟(28床→26床)
   回復期リハビリテーション病棟(29床→31床)
平成25年 1月 1日 (診療科目の削除)
    ・血液内科を削除する 
平成25年 5月 1日 (病床変更)
   2階医療療養病棟(54床→53床)
   回復期リハビリテーション病棟(31床→32床) 
平成27年 2月 6日 日本医療機能評価機構 認定取得 慢性期病院3rdG:Ver1.0(交付日)
平成29年 3月 1日 (病床変更)
   3階医療療養病棟(26床)→ 地域包括ケア病棟(26床)
 

施設基準(平成29年4月1日現在)

 ●一般病棟入院基本料 7 対 1
 ●療養病棟入院基本料 1
 ●回復期リハビリテーション病棟入院料 2
 ●地域包括ケア病棟入院料 1 
 ●救急医療管理加算
 ●診療録管理体制加算 2
 ●療養病棟療養環境加算 1
 ●栄養サポートチーム加算 
 ●医療安全対策加算1
 ●感染防止対策加算2
 ●患者サポート体制充実加算
 ●データ提出加算
 ●後発医薬品使用体制加算 1
 ●がん性疼痛緩和指導管理料
 ●夜間休日救急搬送医学管理料
 ●外来リハビリテーション診療料
 ●がん治療連携指導料
 ●薬剤管理指導料
 ●在宅療養支援病院(1)
 ●在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
 ●検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
 ●時間内歩行試験
 ●CT撮影及びMRI撮影
 ●大腸CT撮影加算
 ●脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
 ●運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
 ●呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
 ●がん患者リハビリテーション料
 ●ペースメーカー移植術、交換術
 ●輸血管理料 (Ⅱ)
 ●医科点数表第2章第10部手術の通則の5及び6に掲げる手術に係る施設基準
 ●医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術に係る施設基準
 ●入院時食事療養(Ⅰ)

    このページのトップへ