トップページ > パートナーシップ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑このページのトップへ
 パートナーシップについて
 
患者様と医療者とのパートナーシップ
(対等な協力関係)

 患者様と私たち医療者とは、お互い平等な立場で協力しあうパートナーです。この原則をもとに、私たちは医療者だけでなく患者様にも積極的に医療の(処置)の過程に参加していただきたいと思っています。そのために、当院では「患者様の権利」を明示するとともに、下記に「患者様へのお願い(患者様の役割)」を示し、より良い「パートナーシップ=対等な協力関係」を築いていきます。
患者様へのお願い(患者様の役割)
1.  正確な情報をお知らせください
   患者様ご自身の病状や経過に関すること
   アレルギー歴
   現在内服中の薬・サプリメント(栄養補助食品)など

2.  できれば二人以上で説明をお聞きください
   説明はできるだけ家族の皆さんや複数人で聞いてください。
   ご自分の病気について医療者任せにするのでなく、一緒に考えましよう。

3.  わからないこと、疑問に感じたことは遠慮なくお尋ねください
   わからないことや説明された内容と実際が違った場合には、ご遠慮なくお尋ねください。

4.  氏名の誤認防止に協力ください
   本人確認のため患者確認番号やリストバンド装着にご協力ください。

5.  院内感染防止にご協力ください
   入り口に備え付けの消毒薬で手指の消毒をお願いします。また、発熱や感染症にかかって
   いる方の面会はご遠慮ください。

6.  転倒・転落防止にご協力ください
   歩行や立ち上がりに不安のある方は、ご遠慮なく介助を申し出てください。
   転倒・転落の危険が予想される場合は対応を説明いたします。

7.  患者全員の安全確保にご協力ください
   院内の規則や診療、入院中の共同生活を維持するための約束事をお守りください。
   当院職員に対する暴力的言動や他の患者様の迷惑となる行為は、慎んでください。

8.  医療職の研修・実習にご協力ください
   当院は看護学生やリハビリの学生などの研修を行っています。
   ご理解とご協力をお願い致します。

9.  医療費のお支払いについて
   適切な医療を維持していくために、医療費をお支払いいただくことが必要です。
   医療費の支払いについてご心配のある方はご相談ください。

10.  その他
   ご意見箱を設置しております。苦情やお気づきの点など率直なご意見をお待ち
   しております。
改定:平成27年3月1日         
出典 nico-st.main.jp