トップページ > 地域の皆様へ 
 
↑このページのトップへ
    
---- 目次 ----
   平成30年  新年のごあいさつ 病院長  平成30年1月   
   平成29年  新年のごあいさつ 理事長 病院長 平成29年1月  
 平成28年  新年のごあいさつ 病院長 平成28年1月
 平成27年度入社式  理事長挨拶 平成27年4月
 平成27年  新年のごあいさつ 病院長 平成27年1月
 超高齢化社会と今後の日本の医療 (広報いぶすき掲載) 平成26年9月
 看取りのできる在宅医療をめざして 病院長 平成26年5月
※理事長、病院長の表記につきましては、執筆時点での役職を残しております。
 2009年10月から2016年9月まで医療法人浩然会 理事長 、指宿浩然会病院 病院長を大重太真男が兼任。 
 2016年10月から医療法人浩然会 理事長は大重太真男、指宿浩然会病院 病院長に大重和典が就任しました。



  平成30年 新年のごあいさつ
   病院長 大重和典
   新年あけましておめでとうございます。
日頃より皆様から指宿浩然会病院へのご理解とご協力を頂き、心よりお礼申し上げます。
日本においては2025年に団塊の世代の人たちが後期高齢者の仲間入りをするため、高齢化社会はより加速します。その際に今のままの病院の機能では不十分であるとして高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能というように病床を再振り分けすることが必要になってきます。その振り分けを地域医療構想といいます。
指宿浩然会病院におきましても、その流れに沿って昨年3月より「地域包括ケア病棟(26床)」を開設いたしました。
急性期治療を経過し、病状が安定された患者様に対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。在宅での療養にまだ不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者様、また一度在宅に復帰したものの体調を崩されてしまった患者様などにつきましても、当病棟をご利用いただきたいと思います。安心して退院していただけるようスタッフ全員で支援いたします。
また今後も病院の基本方針である
 1.安心して生活できる支える医療の提供
 2.継続したリハビリテーションの提供
 3.健康診断・予防医療の提供
 4.心あたたまるケアの提供
を引き続き目指してまいります。
地域社会に貢献し、皆様方に満足していただける質の高い医療を提供するために職員一丸となって努力していく所存です。
 本年度もご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 
 

 
平成29年 新年のごあいさつ
平成29年 正月  理事長 大重太真男 

 新年あけましておめでとうございます。
今年もまた皆様にとって素晴らしい一年になることを願っています。
医療法人浩然会にとってもまた素晴らしい一年になるよう皆様と協力し合って一緒に頑張ってゆきたいと考えています。
 私たちにとって今年の最大の課題は、国が進めている少子高齢化に対する2025年問題をいかにクリアするかです。平成30年4月には医療・介護報酬の同時改定があります。そこで大きく医療と介護の制度が変わる可能性があります。浩然会病院においては医療を必要とする人は入院で、介護を必要とする人は介護施設へとのすみ分けが進んでいます。入院期間の制限や医療区分導入などの施設基準の締め付けにより、急性期病院から重症度の高く医療看護必要度の高い患者様を速やかに受け入れ、早期に在宅や施設へ帰すことが求められています。そのために平成27年8月より在宅支援部を立ち上げ、翌月より在宅療養支援病院となり、訪問診療などの在宅医療に力を入れてきました。また平成28年12月より地域包括ケア病棟の実績つくりに着手し、平成29年4月より運用する予定です。昨年踏み出した一歩を、さらに二歩三歩と進めることが浩然会病院の今年の目標です。
 ヴァンベールにおいても老人保健施設本来の趣旨である病院と在宅との中間施設としての役割つまり在宅復帰への動きが求められています。いかにして在宅に復帰させるかが病院同様大切です。さらに地域医療構想により指宿地区にある療養病棟の一部が介護施設化することになります。それによって入所率の低下が予想されます。病院同様すべての利用者様を速やかに受け入れることも求められています。
 もう一つの問題として少子化により働き手の不足が予想されます。医療・介護の現場はどうしてもマンパワーが必要です。今後大都市で介護施設が多く作られる中で、地方では看護介護職員がますます不足してきます。医療法人浩然会の職員数は360名です。指宿市の企業の中で一番多い職員数です。これだけの人が医療法人浩然会を支えていることに感謝したいと思います。医療・介護はきつい仕事ですが、患者様や利用者様の残された人生を、手を取り足を取りして一緒に歩いてゆくとても大事な仕事です。やりがいのある素晴らしい仕事だと思います。医療法人浩然会の職員として誇りをもって仕事をしてほしいし、そういう職場にしたいと考えています。全職員が受け身ではなく、積極性をもって行動してほしいです。登山と一緒で小さな一歩を積み重ねることで頂上にたどり着くのです。一歩踏み出す意識が必要です。途中楽しいこともまた苦しいこともあります。そういう時は声を掛け合い、一歩を進めたいと思います。
 今年も皆様と一緒に仕事ができることを楽しみにし、皆様一人一人の成長と法人の成長を見守りたいと思います。
 今年もよろしくお願い申し上げます。





平成29年 正月  病院長 大重和典  
 
あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。
さて、日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。
65歳以上の人口は、現在3,000万人を超えており(国民の約4人に1人)、2042年の約3,900万人でピークを迎え、その後も、75歳以上の人口割合は増加し続けることが予想されています。
 このような状況の中、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は、国民の医療や介護の需要がさらに増加することが見込まれています。
 このため、厚生労働省においては、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。それに向けて本年3月までに各地域での地域医療構想が策定されることになっています。
 指宿浩然会病院は地域の特性にあわせた構想を策定するために、各機関と協力しながら、常に患者様の人生を見守っていく「かかりつけ医」としての役割を今後も果たしていきたいと考えております。
 これからも職員一丸となって頑張っていく所存でありますので、皆様方には深いご理解と格段のご支援を賜りますようお願い申し上げ、年頭のごあいさつといたします。  
 
 


 
平成28年 新年のごあいさつ
平成28年 正月  病院長 大重太真男 
 2016年 明けましておめでとうございます。
昨年は多くの皆様にご利用いただき感謝申し上げます。新たな年を迎え、昨年以上に皆様の健康や在宅生活の支援の一助になれることを使命と考え、努力してまいります。さらに在宅療養支援病院としての役割を果たし、自宅で安心していつまでも生活できるように支援に努めてまいります。
 昨年の世相を表す漢字は「安」でした。世の中がテロなどで不安な状況を反映しての事と思われます。医療界では以前より「医療の安全・安心」が叫ばれてきました。指宿浩然会病院でも15年前より医療安全対策委員会を設置し、安全・安心な医療の提供に努めてまいりました。昨年10月より新たに医療安全管理室を設け専従の室長を置き、さらに4名の研修を受けたスタッフを置いて、今まで以上に「医療の安全・安心」に取り組んでまいります。
 今年も昨年以上に地域医療特に高齢者医療に貢献したいと考えています。これからも指宿浩然会病院に対し、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

   


平成27年度入社式 理事長挨拶
平成27年4月1日  病院長 大重太真男 

医療法人浩然会は昭和39年5月に設立され、今年で51年目を迎えます。昨年5月31日に創立50周年記念式典を行いました。私は浩然会への入社が昭和60年で現在30年目を迎えています。当時職員数は120名程でした。この30年の間に職員数は約3倍になり、組織も指宿浩然会病院、老人保健施設ヴァンベールみどりの風、指宿訪問看護ステーション、さらに昨年から小規模多機能施設合歓の木がオープンし、合せて四つで構成され、地域医療特に高齢者医療に貢献しています。多くの仲間や先輩たちの永年の努力で、地域から必要とされる医療機関として地域医療の中心的役割を担っています。
「浩然会」の言われは中国の思想家の孟子(前372年~)の「我よく浩然の気を養う」からきています。孟子は、人は生まれながら善の心を持っているという性善説を唱えた人です。「浩然の気」とは「大気に満ち満ちている気」のことです。自然界(山、川、花など)が私たちに与えてくれる癒しや勇気・元気のことです。このことより医療法人浩然会は医療人として、病気で悩み苦しんでいる患者様やご家族に対し、医療を通して癒しや勇気・元気を与えることを理念としています。

 皆さんの入社式を行っているこのホールのことを浩然会ホール「舟汀」と呼びます。舟汀とはどういう意味でしょうか?舟とは小さな船のことで昔の櫓をこいで進む伝馬船のことです。汀とは舟が進んで行く際にできる波(波紋)のことです。つまり舟汀とは、小さな舟が櫓をこいで進むときにできる小さな波(波紋)のことです。波ひとつない穏やかな海を小舟が櫓をこいで進み、小さな波紋が遠くまで広がっていく様をあらわしています。小さなことでも弛まず努力すれば、広く全体に浸透すると言う意味です。

 医療とは言うまでもなく人の命を預かる仕事です。身体的に精神的に病んでいる人を対象にしています。私たち医療人としてもっとも大切なことは何でしょうか?専門職としての知識や技術でしょうか?やさしさや思いやりでしょうか?どれも大切なことですが、私が一番大切と思うことは信頼関係を築くことだと思います。患者様との信頼関係、ご家族との信頼関係、または医療人同士の信頼関係を築くことです。この信頼関係を築いて初めて、専門職としての知識や技術を発揮できたり、やさしく接することができると思います。
では信頼関係を築くためには何が必要でしょうか?それは言葉と心のキャッチボールです。今高校野球が行われていますが、野球の基本はキャッチボールだそうです。相手が取りやすいような球を投げる。相手のボールをしっかり正面で受け止める。これが基本だそうです。自分のレベルで投げるのではなく、相手のレベルに合わせて取りやすいボールを投げることです。時にはゆっくりしたボールを投げたり、または近寄って投げたりすることが必要です。心のキャッチボールも同様で、相手のことを相手の立場になって考えることです。相手の目線に合わせることです。その上で自分の気持ちを丁寧に伝えることです。自分の気持ちを相手がどこまで理解しているか、どのように思っているかを探りながら接することです。相手のことを十分に理解できなかったり、自分のことを十分に理解してもらえなかったら、そこにひずみが生じます。最初は小さなひずみでも、そのうちに大きな亀裂になってしまいます。いかに言葉と心のキャッチボールをうまく行えるかを心がけ、習得してください。これは一生の課題です。

 先ほどお話ししましたが、昨年無事創立50周年を迎えました。この50年多くの人たちの努力でここまで成長してきました。これからさらに50年も地域医療の中心となって、地域の方々に医療・介護を提供することが使命です。これからの50年は今日入社する君たちの努力にかかっています。舟汀のように、小さな波紋でも絶えず起こし続ければ広く全体に広がります。皆さん一人一人の波紋は小さいけれど絶えず起こし続け、それがいくつも集まれば大きな波紋になります。

 弛まぬ努力と、同僚や先輩後輩さらには他の職種との連携・チームワークでこれからの50年を創り上げる主役となることを期待します。皆さんと一緒に頑張っていくことを楽しみにし、お祝いの言葉といたします。おめでとうございます。


  


平成27年 新年のごあいさつ
平成27年1月 病院長 大重太真男 
 新年あけましておめでとうございます。
今年も昨年同様皆様の健康増進の一翼を担えれば幸いです。
 浩然会病院は浩然の精神の下、心あたたまる医療を理念として地域医療特に老人医療に取り組んでまいりました。昨年5月に創立50周年を迎えることが出来ました。ひとえに地域の皆様のおかげだと感謝申し上げます。また昨年7月より在宅療養支援病院を取得し24時間365日在宅医療を支える体制を整えました。皆様のかかりつけ医として今まで以上に地域の方々が安心して在宅で医療を受けられるように医療・看護・介護・リハビリを提供してまいります。以下の基本方針をしっかり実行していきたいと考えています。

  1.地域の方々が在宅でも入院でも安心して生活できる支える医療を24時間体制
    で提供します。

  2.早期・回復期・維持期のリハビリテーションと在宅での訪問・通所リハビリ
    テーションを行い、入院・在宅を通じ、継ぎ目のない継続した総合的リハビリ
    テーションを提供し、在宅復帰や社会復帰を目指します。

  3.人生の最終章にあたっては「浩然の精紳」にのっとり、医療だけでは補えない
    安らぎの場所を提供すべく心のケアを提供します。

  4.健康診断の普及に努め、生活習慣病の早期発見・指導・疾病の予防・早期治療を
    行い、地域の予防医療に貢献します。

 当院の関連施設として老人保健施設のヴァンベールみどりの風と指宿訪問看護ステーション、小規模多機能施設合歓の木があります。
これらの施設と連携を密にして今まで以上に地域の方々の在宅を支えていきたいと思っています。これからも浩然会病院並びにこれらの関連施設を宜しくお願い申し上げます。
                   

  


超高齢化社会と今後の日本の医療
平成26年9月 病院長 大重 太真男 
 日本が世界に誇れる多くのことの一つに世界トップの長寿国であることと、国民皆保険制度を基盤とした医療水準の高さがあると思います。
 しかし、このことが今後大きな問題になろうとしています。日本はこれからますます超高齢化社会に入っていきます。2025年の日本の人口は1億2066万人となり、65歳以上の高齢化率は30.3%になると推定されています。ちなみに2015年には指宿市で35.3%(全国平均は26.8%)になると予想されています。全国平均より8.5%高い値です。その結果、今の医療体制(特に老人医療)は、団塊の世代が75歳の後期高齢者になる11年後に向けて、2025年問題として大きく変わろうとしています。

1.治す医療から支える医療へ
 高齢者特有の慢性疾患(脳卒中、心臓病、呼吸器疾患など)が増加し、その結果、医療や介護を必要とする高齢者が増加します。今後医療が進歩してもこのような介護を必要とする慢性疾患を治すことはできません。治すのではなく、高齢者を社会全体でいかに支えるかを考える医療が求められてきます。

2.人生の最終章をどのように完結させるか
 医療の進歩で人生の寿命(平均寿命)は男性が79.55歳で、女性が86.30歳と世界トップです。しかし、健康で生活できる、いわゆる健康寿命は男性70.42歳、女性73.62歳です(平成22年のデータ)。およそ男性で9年、女性で13年の差があります。これからは平均寿命を延ばすことよりも、健康寿命を延ばすための医療の進歩や医療の提供が大切で必要と考えます。その結果、平均寿命と健康寿命の差がもっと小さくなれば良いと思います。「ピンピンコロリ」です。そのためにも人生の最終章に当たり、自分の人生ドラマをどのように完結させるかを日ごろから考え、家族で話し合うことが大切だと思います。

3.病院から在宅へ
 今でも介護を必要とする高齢者の病院や入所施設は満床の状態です。
 今後、入院を必要とする高齢者が増加したら、病院での入院治療や介護施設への入所がますます難しくなってきます。その結果、在宅での看取りを含めた医療(在宅医療)が必要になってきます。今の在宅医療は家族の身体的・精神的負担が大きく、まだまだ不完全です。前述したように、社会全体で高齢者を支える医療体制の構築が必要となってきます。
 よく人は「家で死にたい」のではなく、「死ぬまで家で生きたい」といいます。日本社会の良さ、日本人の良さ、日本の医療の良さを生かしながら、社会全体で高齢者を支える体制を築き、来るべき超高齢化社会を迎えることが必要だと感じています。


 在宅支援の必要性
  ●高齢化社会と今後の医療の方向性 
   ・急速な高齢化社会   (指宿市の高齢化率35.3% 全国平均26.8%、2015年)
   ・高齢者慢性疾患の増加 (脳卒中、心臓病、呼吸器疾患)
   ・医療・介護の必要な高齢者の増加
   ・病床不足 (入院施設、介護施設の慢性的な不足)
   ・国の方針 (病院から在宅へ)
   
  ●当院の対応・方針
   いろいろな課題が散在する中、病院の基本方針をもとに下記在宅支援の対応を目標に
   検討し充実させていく。
   ・在宅支援部の新設 (在宅医療に特化した専門部署の新設)
   ・24時間、365日対応可能な医療の模索(入院・外来・訪問診療など)
   ・「看取りのできる在宅医療」を新たな目標に掲げる
   ・各職種の連携を充実させる
   ・社会全体で支える(地域社会資源の活用)
   ・など 

 


看取りのできる在宅医療をめざして
平成26年5月 
病院長 大重 太真男
 今後の病院の方向性
 現在の日本は高齢者社会として、経済や年金など多くの問題を抱えています。
それがさらに2025年 今から11年後 には団塊の世代が75歳になり超高齢社会になります。
その結果今まで以上に多くの問題が深刻化してきます。
医療面では、入院を必要とする高齢者が増加し、その結果老人医療費も大幅に増加します。医療資源(病床数など)も限られているため、国はより効率的な医療体系を作ろうとしています。地域ごとの包括ケアシステムの構築と病棟の機能分化です。急性期病院より慢性期病院、さらに慢性期病院より在宅へと川の流れでたとえると上流から中流へ、中流から下流へと患者様のしっかりした流れを作ろうとしています。
 私たちの浩然会病院は今年創立50周年を迎えました。50年前に、自宅で寝たきりにされているお年寄りを哀れに思い、設備の整った病院に入院させたいという思いから始まりました。それから50年が過ぎ浩然会病院は当初の目的は十分に果たしていると思います。しかし前述した様に、国の方針としてこれからの高齢者医療は病院から在宅へと方向性を打ち出しました。今の状況で高齢者を在宅に誘導すれば寝たきりのお年寄りが増えるだけで、50年前に戻ってしまいます。
 そこで今後の浩然会病院の方向性として「看取りのできる在宅医療」を目指したいと考えています。 人は 家で死にたい のではなく 死ぬまで家で生きたい のです。
私たち浩然会病院の仕事は、基本方針にもうたってあるように安心して生活できる医療の提供と、人生の最終章において浩然の精神で医療・看護・介護を提供することです。
具体的には病院内に在宅支援部を立ち上げます。そして在宅療養支援病院として24時間在宅医療を提供します。
「看取りのできる在宅医療」を浩然会病院の今後の50年に向けての再スタートの目標にしたいと思います。前途険しい道かもしれません。多くの困難が待っているかもしれません。しかし「看取りのできる在宅医療」という険しい山に登りたいし、登ることが浩然会病院の使命だと感じています。つらい時も楽しい時も皆さんと掛け声を掛けながら一緒に登っていきましょう。10年後や50年後に登ってきた道を振り返ったらきっと素晴らしい風景が見えると思います。


 
    このページのトップへ