トップページ > 地域の皆様へ 
 
↑このページのトップへ
    
---- 目次 ----
   平成30年  年頭のごあいさつ 理事長  平成30年1月    
   平成30年  新年のごあいさつ 病院長  平成30年1月   
 超高齢化社会と今後の日本の医療 (広報いぶすき掲載) 平成26年9月
 看取りのできる在宅医療をめざして 病院長 平成26年5月
※理事長、病院長の表記につきましては、執筆時点での役職を残しております。
 2009年10月から2016年9月まで医療法人浩然会 理事長 、指宿浩然会病院 病院長を大重太真男が兼任。 
 2016年10月から医療法人浩然会 理事長は大重太真男、指宿浩然会病院 病院長に大重和典が就任しました。



  平成30年 年頭のごあいさつ 
   理事長 大重太真男
   新年あけましておめでとうございます。
昨年は医療法人浩然会をご支援いただき誠にありがとうございました。今年も地域の皆様が安心して暮らせるよう、医療・健診・施設や在宅での医療介護サービスによりに努めて参ります。
 日本が超高齢社会と少子化にある中、医療も大きく変わろうとしています。国は住み慣れた地域で最後まで過ごせるように、行政を中心として医療介護施設を含む地域ぐるみで、地域包括ケアシステムを導入しています。その中の地域医療構想があります。
 限りある医療資源(人材や医療費など)を有効に使うために、地域医療構想の導入が始まります。 昔は一人の先生がまたは一か所の病院で、最期まで治療できていましたが、現在は、患者様の病状や発症からの経過期間によって、転院や転棟を行わないといけなくなっていました。
例えば脳梗塞を発症した場合
 ①発症直後は超急性期か急性期病棟に入院
 ②約2週間~1か月後リハビリ目的で回復期病院か病棟に転院または転棟
 ③数か月後は在宅復帰(自宅か介護施設、介護医療院)か慢性期病棟へ
となります。
 そんな中医療法人浩然会は、指宿浩然会病院、介護老人保健施設ヴァべールみどりの風、指宿訪問看護ステーション、ホームケア合歓の木の4組織を有し、病気の発症直後から病状が回復し在宅復帰し、さらに在宅での生活が安心して過ごせるように支援いたします。
 指宿浩然会病院は急性期、回復期、慢性期、地域包括ケア病棟を有し、退院後はデイケア、訪問診療・訪問リハビリを行っています。在宅復帰に時間がかかる際は、介護老人保健施設のヴァンベールみどりの風で引き続き介護させていただきながらリハビリを行い、在宅復帰を目指します。在宅復帰後は指宿訪問看護ステーションや小規模多機能施設のケアホーム合歓の木で在宅療養が安心して過ごせるように支援いたします。
 医療制度や介護制度が複雑になり、制度を理解することが難しくなりました。医療相談員にご遠慮なく相談していただきたいと思いますこれからも皆様の声をお聞きしながら、住み慣れた地域で最期まで安心して過ごせるように、努めて参ります。
 今年もよろしくご指導お願い申し上げます。 
   
  平成30年 新年のごあいさつ
   病院長 大重和典
   新年あけましておめでとうございます。
日頃より皆様から指宿浩然会病院へのご理解とご協力を頂き、心よりお礼申し上げます。
日本においては2025年に団塊の世代の人たちが後期高齢者の仲間入りをするため、高齢化社会はより加速します。その際に今のままの病院の機能では不十分であるとして高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能というように病床を再振り分けすることが必要になってきます。その振り分けを地域医療構想といいます。
 指宿浩然会病院におきましても、その流れに沿って昨年3月より「地域包括ケア病棟(26床)」を開設いたしました。
急性期治療を経過し、病状が安定された患者様に対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や支援を行う病棟です。在宅での療養にまだ不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できる患者様、また一度在宅に復帰したものの体調を崩されてしまった患者様などにつきましても、当病棟をご利用いただきたいと思います。安心して退院していただけるようスタッフ全員で支援いたします。
また今後も病院の基本方針である
 1.安心して生活できる支える医療の提供
 2.継続したリハビリテーションの提供
 3.健康診断・予防医療の提供
 4.心あたたまるケアの提供
を引き続き目指してまいります。
地域社会に貢献し、皆様方に満足していただける質の高い医療を提供するために職員一丸となって努力していく所存です。
 本年度もご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。
 
   


 
 
超高齢化社会と今後の日本の医療
平成26年9月 病院長 大重 太真男 
 日本が世界に誇れる多くのことの一つに世界トップの長寿国であることと、国民皆保険制度を基盤とした医療水準の高さがあると思います。
 しかし、このことが今後大きな問題になろうとしています。日本はこれからますます超高齢化社会に入っていきます。2025年の日本の人口は1億2066万人となり、65歳以上の高齢化率は30.3%になると推定されています。ちなみに2015年には指宿市で35.3%(全国平均は26.8%)になると予想されています。全国平均より8.5%高い値です。その結果、今の医療体制(特に老人医療)は、団塊の世代が75歳の後期高齢者になる11年後に向けて、2025年問題として大きく変わろうとしています。

1.治す医療から支える医療へ
 高齢者特有の慢性疾患(脳卒中、心臓病、呼吸器疾患など)が増加し、その結果、医療や介護を必要とする高齢者が増加します。今後医療が進歩してもこのような介護を必要とする慢性疾患を治すことはできません。治すのではなく、高齢者を社会全体でいかに支えるかを考える医療が求められてきます。

2.人生の最終章をどのように完結させるか
 医療の進歩で人生の寿命(平均寿命)は男性が79.55歳で、女性が86.30歳と世界トップです。しかし、健康で生活できる、いわゆる健康寿命は男性70.42歳、女性73.62歳です(平成22年のデータ)。およそ男性で9年、女性で13年の差があります。これからは平均寿命を延ばすことよりも、健康寿命を延ばすための医療の進歩や医療の提供が大切で必要と考えます。その結果、平均寿命と健康寿命の差がもっと小さくなれば良いと思います。「ピンピンコロリ」です。そのためにも人生の最終章に当たり、自分の人生ドラマをどのように完結させるかを日ごろから考え、家族で話し合うことが大切だと思います。

3.病院から在宅へ
 今でも介護を必要とする高齢者の病院や入所施設は満床の状態です。
 今後、入院を必要とする高齢者が増加したら、病院での入院治療や介護施設への入所がますます難しくなってきます。その結果、在宅での看取りを含めた医療(在宅医療)が必要になってきます。今の在宅医療は家族の身体的・精神的負担が大きく、まだまだ不完全です。前述したように、社会全体で高齢者を支える医療体制の構築が必要となってきます。
 よく人は「家で死にたい」のではなく、「死ぬまで家で生きたい」といいます。日本社会の良さ、日本人の良さ、日本の医療の良さを生かしながら、社会全体で高齢者を支える体制を築き、来るべき超高齢化社会を迎えることが必要だと感じています。


 在宅支援の必要性
  ●高齢化社会と今後の医療の方向性 
   ・急速な高齢化社会   (指宿市の高齢化率35.3% 全国平均26.8%、2015年)
   ・高齢者慢性疾患の増加 (脳卒中、心臓病、呼吸器疾患)
   ・医療・介護の必要な高齢者の増加
   ・病床不足 (入院施設、介護施設の慢性的な不足)
   ・国の方針 (病院から在宅へ)
   
  ●当院の対応・方針
   いろいろな課題が散在する中、病院の基本方針をもとに下記在宅支援の対応を目標に
   検討し充実させていく。
   ・在宅支援部の新設 (在宅医療に特化した専門部署の新設)
   ・24時間、365日対応可能な医療の模索(入院・外来・訪問診療など)
   ・「看取りのできる在宅医療」を新たな目標に掲げる
   ・各職種の連携を充実させる
   ・社会全体で支える(地域社会資源の活用)
   ・など 

 


看取りのできる在宅医療をめざして
平成26年5月 
病院長 大重 太真男
 今後の病院の方向性
 現在の日本は高齢者社会として、経済や年金など多くの問題を抱えています。
それがさらに2025年 今から11年後 には団塊の世代が75歳になり超高齢社会になります。
その結果今まで以上に多くの問題が深刻化してきます。
医療面では、入院を必要とする高齢者が増加し、その結果老人医療費も大幅に増加します。医療資源(病床数など)も限られているため、国はより効率的な医療体系を作ろうとしています。地域ごとの包括ケアシステムの構築と病棟の機能分化です。急性期病院より慢性期病院、さらに慢性期病院より在宅へと川の流れでたとえると上流から中流へ、中流から下流へと患者様のしっかりした流れを作ろうとしています。
 私たちの浩然会病院は今年創立50周年を迎えました。50年前に、自宅で寝たきりにされているお年寄りを哀れに思い、設備の整った病院に入院させたいという思いから始まりました。それから50年が過ぎ浩然会病院は当初の目的は十分に果たしていると思います。しかし前述した様に、国の方針としてこれからの高齢者医療は病院から在宅へと方向性を打ち出しました。今の状況で高齢者を在宅に誘導すれば寝たきりのお年寄りが増えるだけで、50年前に戻ってしまいます。
 そこで今後の浩然会病院の方向性として「看取りのできる在宅医療」を目指したいと考えています。 人は 家で死にたい のではなく 死ぬまで家で生きたい のです。
私たち浩然会病院の仕事は、基本方針にもうたってあるように安心して生活できる医療の提供と、人生の最終章において浩然の精神で医療・看護・介護を提供することです。
具体的には病院内に在宅支援部を立ち上げます。そして在宅療養支援病院として24時間在宅医療を提供します。
「看取りのできる在宅医療」を浩然会病院の今後の50年に向けての再スタートの目標にしたいと思います。前途険しい道かもしれません。多くの困難が待っているかもしれません。しかし「看取りのできる在宅医療」という険しい山に登りたいし、登ることが浩然会病院の使命だと感じています。つらい時も楽しい時も皆さんと掛け声を掛けながら一緒に登っていきましょう。10年後や50年後に登ってきた道を振り返ったらきっと素晴らしい風景が見えると思います。